21世紀までの科学の進歩から、私たち人類は多くの急性疾患から解放されました。しかしその一方で、生活習慣に起因する慢性疾患に悩まされるようになっています。

慢性疾患は、罹ってから薬で治療を受け続けるよりも、未病のうちに運動や食事などを見直して、予防することの方が大切です。

併せて私たちが提供する先進の個別化された医療を活用することで、ご自身の体の状態をモニターして心身を労ることは、どの年代の方でも元気に過ごすためにとても有効な手段だと考えています。

持病を抱える方であっても元気な方も、生涯幸せでいられるように是非、オプティマルヘルス(最高の健康状態)を目指しましょう。


瀧 昌弘 歯科医師
瀧 昌弘
東京歯科大学卒(88)
東京歯科大学大学院修了 口腔外科学専攻(92)
ドイツハイデルベルグ大学顎顔面外科にて研修(93−95)
日本医療マネジメント学会評議員
日本口腔外科学会会員
日本抗加齢医学会会員
点滴療法研究会 高濃度ビタミンC点滴療法認定医
    同   キレーション療法認定医
癌先進補完医療研究会会員

American Dental Association
(米国歯科医師会)Affiliate Member
International Academy of Oral Medicine and Toxicology Member
労働衛生コンサルタント
愛知県歯科医師会地域保健部

瀧 友紀 医師
副院長
自治医科大学卒(95)
自治医科大学大学院修了(05)
日本麻酔科学会指導医
日本内科学会認定医
日本抗加齢医学会会員
点滴療法研究会 高濃度ビタミンC点滴療法認定医
    同  キレーション療法認定医
産業医